豊島区、池袋の会社設立なら岡本税理士事務所にお任せください。

豊島区池袋の会社設立 岡本税理士事務所

〒171-0022 東京都豊島区南池袋三丁目18番36号富美栄ビル601号室
       JR池袋駅から徒歩8分 有楽町線東池袋駅から徒歩5分

営業時間
10:00〜12:00 / 13:00〜17:00
休業日:土曜・日曜・祝日

ご相談・お問い合わせはこちらへ

03-6914-2357

 「豊島区・池袋 会社設立・創業融資サポート」では、豊島区(池袋)を中心に会社設立手数料が0円!

池袋・豊島区での株式会社・合同会社の会社設立から、起業・独立開業に関して丸ごとお気軽にご相談下さい。

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-18-36富美栄ビル601

03-6914-2357

勤務先に内緒で(ばれずに)会社を設立したい

 サラリーマンの方から、勤務先に内緒で(ばれずに)会社を設立したいというご相談を度々お受けします。


 
 
結論から申し上げますと、お勤めの会社に内緒で(ばれずに)会社を設立することは可能です。
 
勿論、ばれる可能性がゼロではありませんが、会社を設立するだけであればゼロに近いと思います。

 勤務先に、会社を設立して副業がばれる主なケースとしては以下の2つが考えられます。

 ① 本人が飲み会の席などでポロっと言ってしまった。
   
② 設立した会社から役員報酬(お給料)を受け取った。



 ①はご自身で注意して頂く事にしまして、②の設立した会社から役員報酬(お給料)を受け取った、についてです。
 
設立した会社からも役員報酬(お給料)を受け取ると、当然その方の年収は同じ勤務先の同僚と比較し多くなります。
 
そうしますと、その方のお給料から天引きされる住民税の額も多くなり、経理の方が不思議に思い副業がばれる可能性があるというものです。



 従いまして、ご自身が設立した新会社から役員報酬(お給料)を受け取らない、若しくは、奥様や第三者のみが給料を受け取る場合には、ばれる可能性が低い言えます。



 現在お勤めしている会社を辞めるつもりはなく、かつ、設立した会社からもお給料が欲しい!とお考えの方は、会社を設立されるのではなく、個人事業主として副業を行うという方法もあります。
 
副業を個人事業主として行い、確定申告時に副業の収入から発生する住民税をご自身で払うよう選択すれば、会社に副業がばれる可能性は低いです。

 しかし、何らかのきっかけで会社に副業がばれてしまうことも無いとは言えません。
 
会社を設立した場合も、個人事業主として事業を行った場合も、会社にばれる可能性がゼロではないことは、言うまでもありません。

お問い合わせフォーム

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。

必須

(例:山田太郎)

(例:090-1234-5678)
半角でお願いします。

必須

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。

必須

テキストを入力してください

※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご確認のうえ、メールにてご連絡ください。

ご相談・お問い合わせ

池袋・豊島区での会社設立のご相談

03-6914-2357

お問い合わせはこちら

ご予約は、お電話・メールにて受け付けております。

お電話でのお問い合せはこちら

03-6914-2357

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。お気軽にご相談ください。

QRコード