「豊島区・池袋 会社設立・創業融資サポート」では、豊島区(池袋)を中心に、会社設立料金が0円!

更に、創業融資のサポート料も0円で承っております。

 池袋・豊島区での株式会社・合同会社の会社設立から、起業・独立開業に関して、お気軽にご相談下さい。

豊島区・池袋にて会社設立・創業融資サポート 岡本匡史税理士事務所

東京都豊島区西池袋3丁目21番13号ウエストパークタワー池袋2807号

03-6914-2357

資本金は1円?

 2006年5月から新会社法が施行され、従来におきましては、株式会社を設立する際に資本金は最低1,000万円必要でしたが、現在では資本金が1円でも株式会社を設立することが可能となりました。

 

 

 

 ここでは、いわゆる1円会社のメリットとデメリットについてお伝えしようと思います。

 

 まず、株式会社の設立には、登録免許税や会社設立手数料等として20万円~30万円程度のお金が必要です。

 よって、仮に資本金の額が1円だとしましても、それ以外に最低20万円~30万円程度のお金は必要となります。

 また、会社を維持するためには、従業員のお給料や事務所の家賃、コピー用紙や水道光熱費といった諸経費がかかりますので、1円会社といえども、会社を設立し事業を軌道に乗せるためには、最低数十万円程度のお金が必要となります。

 

 

 

 さて、1円会社を設立したとします。

 会社設立費用約25万円は、社長が立て替えます。本来であれば、会社が会社設立費用を支払うのですが、会社にはお金がないため、社長が立て替えることになります。

 会計上は、会社が社長からお金を借りていることになります。

 

 

 

 次に、会社を設立した後、銀行口座を開設しなければなりません。

 しかし、最近では振り込め詐欺や違法なことを行う会社も数多く存在するため、銀行は簡単に口座を開設してくれません。資本金が1円の会社ですと、まず怪しまれます。

 1円会社では、銀行によっては口座の開設を断られると思います。

 

 仮に、やっと銀行口座を開設できたとしましても、まだ困難は続きます。

 開業時に銀行から融資を受けようとしても、資本金の額が1円の会社では銀行から見向きもされないでしょう。

 また、取引先から決算書の提出を求められた際や、ホームページに資本金の額を記載する際にも、会社の資本金が1円ですと、信用を失うことにもなりかねません。

 

 

 

 ただし、1円会社にもメリットがあります。

 社長が出資した資本金は、基本的に社長の株式を他人に売却したり、また、会社を清算したりしない限りは帰ってこないお金です。

 ただし、社長が会社にお金を貸し付けた場合には、いつでも会社から社長にお金を返してもらうことができます。

 つまり、資本金という形で社長が会社にお金を入れるか、若しくは、貸し付けという形で社長が会社にお金を入れるかの違いです。

 資本金が1円の場合には、足りない資金を社長が会社に貸し付ける形となります。

 社長が会社に出したお金を返して貰えるかどうか、という点では、資本金を1円にして、残りを貸付金とした方が有利です。

メリット

 資本金ではなく、貸付金という形で社長が会社に大部分のお金を入れるので、いつでも会社から返金を受けることが可能

デメリット

  • 銀行口座の開設が困難
  • 銀行から融資を受けることが困難
  • 取引先から決算書の提示を求められた際や、ホームページに資本金の額を記載した際に、信用を失う可能性がある。